前へ
次へ

老人ホームの入居審査と要介護のランク

賃貸物件には、必ずと言って良いほど入居審査があります。審査で色々な点を確認された上で、特に問題なければ物件に入居できる訳です。老人ホームにも審査があって、要介護のランクに左右されます。そもそも介護には、色々なランクがあります。全部で5段階になっていて、要介護5が一番重たいランクになる訳です。いわゆる寝たきりの状態ですと、要介護5であると判定されます。それで老人ホームは、そのランクの数字によって審査を行っているケースが多いです。例えば特別養護という施設の場合は、要介護3以上でないと入居するのは難しいです。特別な事情がない限りは、1や2では入居は困難な傾向があります。しかし保険施設の場合は、1や2でも入居できるケースも多いです。保険施設であれば、基本的には全てのランクの方が入居できるようになっています。介護を受けるような状態ですと、必ず保険の審査も受ける事になります。それで認定された要介護のランクを基準に、物件を探すケースも多いです。

Page Top